赤沢自然休養林・森林鉄道

生活雑貨、陶磁器、キッチン雑貨の店「育てる道具ILMA+」店主です。

せっかく遠い所へ足を伸ばすのに、熱い場所へと向かう理由もなく、
夏のお出かけは涼を求めて、涼しいところへ涼しいところへと足が向いてしまうのは必然。

20100815権兵衛トンネル
そんなわけで長野県にある赤沢自然休養林にやって来たのだ。
(助手席より撮影)

中央道の伊那ICから数年前にできた権兵衛峠トンネルを使って
中央アルプスをさくっと通過。
この道のおかげで伊那谷から木曽谷まで90分程度かかる行程が
半分以下の所要時間になったとか。

20100815赤沢森林鉄道01
赤沢自然休養林内を走る観光用の森林鉄道。
この列車に片道だけ乗車して、奥にある終点駅から自然を見ながら
歩いて戻ってくるというのがおすすめのコースみたいですが、
トロッコ列車の旅を存分に体験したい人は往復乗車もできます。(料金は一緒)
ちなみに私が乗った便はほとんどが往復乗車でした。

20100815赤沢森林鉄道02
くねくね
山を走る森林鉄道だけあって急カーブが多い。
しかし、こういう構図にワクワクしてしまうのはなぜだろう?

20100815赤沢森林鉄道05
始発駅にある森林鉄道の資料館を見学。
見切れてるけど気にしない。

国有林の木曽ヒノキを運ぶ目的で、木曽谷には最盛期400kmもの
森林鉄道網が縦横に張り巡らされていたそうですが
トラック輸送の進展に従い順次廃止され、
現存しているのは観光用に復活した赤沢地区のここだけ。
(参考 wikipediaほか)

20100815赤沢森林鉄道06
アメリカ・ボールドウィン社製の蒸気機関車。
残念ながら今は使われてません。
煙突の膨らみは森林火災を起こさないため、
煙から火の粉を取り除く装置とのこと。

20100815赤沢森林鉄道03
下半分が顔に見えるモーターカー( ゚ 皿 ゚ )
フロントグリルがある点がちょっと違うものの、愛嬌のある造形は
ワーゲンバスのデザインを感じさせます。
車両が作られた当時のトレンドだったんでしょうかね。

20100815赤沢自然休養林01
今度は線路と平行する川沿いを歩いて終点駅を目指します。

とはいっても、たかだか片道1㎞強なので川に入って涼んだり、
木曽ヒノキの香りを胸いっぱいに吸い込んで森林浴をしながら
ゆっくりと歩きましょう。

たっぷり歩きたいという方は川沿いの道以外にも、いろいろコースがあります。
⇒コースマップ(click)

20100815赤沢自然休養林02
この日(8月1日)は深夜0時になっても地元は30度超えの熱い日でしたが
川に沿って冷たい風が吹き抜けるおかげで、
実測ではないですが自分的体感温度は20度くらい。

沢水に冷やされた湿度のある空気が周囲をしっとりと包んでいて
歩いていても全然苦にならなかったです。

20100815赤沢森林鉄道07

春の京都 鴨川の亀石・一乗寺

20100406京都01
チャーミーグリ(略

生活雑貨、陶磁器、キッチン雑貨の店「育てる道具ILMA+」店主です。

前回京都を訪れてから10日経った4月6日、
桜満開の京都を見たくて、豊橋から西へ西へと片道3時間、
電車に揺られて再びやってきました。

この日の前日・・・
チケットショップへ行けば、中古の青春18きっぷが
いくらでも売ってるものとタカをくくっていたら大失敗。

なかなか置いている店がなくて、数軒回った末に
最後の1枚を入手できたのでした。
まあ、ヤフオクだと3,000円以上もする残り1回分のチケットが
2,400円という超破格値だったので結果的には良かったのですが。

今日は前回と同じ出町柳駅を出発、叡山電車で一乗寺へ、
その後は仁和寺・龍安寺・嵐電の桜のトンネルを回ります。

20100406京都02
■am11:30頃 出町柳駅近くにある鴨川の亀石

賀茂川と高野川が合流する鴨川デルタ付近はお花見の名所。
以前は川に溜まった土に草が覆い茂っていたようですが、
すっかり取り払われたお陰ですっきりきれい。

気温が急上昇した日でしたが、川の上は石の間をさらさらと
流れる水のお陰で心地よかったです。

20100406京都03
■飛び乗られ続けてもひたすら耐える亀
京都らしく古風な千鳥(千鳥柄ってやつね)の石もあります。

実際に見ると石と石との間隔が案外広い!
小さな子供にとってはちょっとした冒険気分かも。

20100406京都04
■am11:45 叡電出町柳駅

外の喧騒と隔絶された改札の中はこじんまりとした静かな空間。
路面電車のような狭いホームに小さな電車が停まっていて
まるで石庭のような侘び寂びすら感じさせます。

ここから一乗寺まで乗車のつもりが・・・

20100406京都05
■pm0:00頃 叡電修学院駅
急遽気が変わって1駅向こうの修学院駅で下車。
ここからぶらぶらと一乗寺まで散策です。
あまり京都「らしい」風景には出会えなかったですが。

20100406京都07
■恵文社一乗寺店さん

この写真、実はこの数日前に出掛けた店員2号が撮ったもの。
当初の旅行の目的は雑貨・インテリアショップ巡りで、
まずはこの店を訪れてみようと思っていただけに
テンションが上がりすぎて写真撮影を忘れてしまいました^^

下駄履きマンションの1階部分に文具系雑貨、ギャラリースペース、
その筋に特化した書籍、生活雑貨が横(一部奥)に並んだ構造。
サブカル・雑貨ブームを同時に体験した30代にはかなりツボなお店です。

ただ、ガイドブックにあったインタビュー記事によると、
その昔は「ガロ」も置いていたそうですが、最近は客層に合わせて
サブカル臭を薄めた書籍ラインナップにしているとのこと。

4月13日からここのギャラリースペースで、当店でも取り扱っている
陶磁器ブランド「4th-market」の展示会が行われる予定なので
ご訪問予定の方はぜひご覧ください。
ご帰宅後、当店のネットショップでご購入頂ければ、旅の手荷物を軽くできますよ^^

20100406京都06
■pm1:00頃 コーヒーと定食「つばめ」さん
ここも写真を撮り忘れてしまったのでストビューをちょっと拝借。

ガイドブックを見ながらお店を探すんだけど見つからず。
後から来た女の人も同じ店を探してるのかウロウロ。

裏通りにあるのを見つけ、早速店の扉を開くと
お客さんが女の人ばかり。
かなりアウェーな雰囲気に「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ」と
心の中で自分に言い聞かせながら着席して定食を注文。

奥の棚に陳列された陶器を一通り見て、しみじみとお食事タイム。
定食は鶏肉と豆腐の黒酢煮、ポテトサラダ、お味噌汁、お漬物とご飯。
さっぱりとした味付けでおいしかったです。

恵文社さんのサイトでもお店が紹介されています。
※現在、定食は850円です。

20100406京都10
■支払いの時に頂いてきたショップカード
写真内の小物は「つばめ」さんの備品ではないので悪しからず。

20100406京都08
■pm1:40頃 叡電一乗寺駅

ここから出町柳まで戻って仁和寺方面に向かいます。

桜の京都(1)哲学の道

20100329京都07
生活雑貨、陶磁器、キッチン雑貨の店「育てる道具ILMA+」店主です。

久しぶりによく晴れた週末、以前より予定していた京都へ
ちょっと出掛けてきました。

先々週くらいに桜の開花宣言が出たものの、
それ以降は冬の天気が続いてお花見どころではありませんでしたが、
金曜日に晴れたので一気に開花したのではないかなあ、
いやしてるはず
・・・してるに違いない

という淡い期待を持ちつつ出発。

今の季節は青春18キップが使える(4月10日まで)ので
豊橋から京都へ往復しても1回当たり2,300円!!
所要時間は新幹線のほぼ2倍の3時間程度かかりますが
そのうちの2時間は座れるので全く問題ありません。

20100329京都01
京都駅に到着
でも、そのまま目的地に直行する電車がないので
一度、東福寺という駅へ行き、京阪に乗り換えです。

旅行先で見慣れない乗り物に乗る時のワクワク感は
大人になっても変わりませんね。

今日は終点の出町柳駅から今出川通りを東へ行き、
銀閣寺~哲学の道~南禅寺・水路閣~平安神宮と歩きます。

20100329京都02
京都大学
卒業式のコスプレが毎年ニュースになるという不思議な大学。
フリーダムな校風がそうさせるのか、はたまた「そういう人」を引き寄せるのか。

今年の折田先生像はポケモンのキャラクターだったとか。

20100329京都03
知恩寺
フリマをやっていたのでちょっと見物。
どちらかというと骨董市に近い感じで、食器や着物などの古物が多かったです。
鶴丸マークの入ったスチュワーデスバッグが気になる。

大きな地図で見る
そのうち水路が通りに合流してきます。
(Googleストリートビュー使用)

20100329京都05
哲学の道
水路の両側が遊歩道になっています。
この看板あたりから一気に人通りが増えて観光地っぽくなります。

20100329京都06
<クリックで拡大>
桜は場所によって違いはあるものの7~9分咲きくらい。
散り始めの頃になると徐々に花弁の色がくすんでくるので、
今が一番きれいな色が見られる時期かなと。

20100329京都08
昭和の光景って感じでいいなあ。

次回は銀閣寺の予定

五味太郎氏のきびだんご箱

20100220きびだんご01
生活雑貨、陶磁器、キッチン雑貨の店「育てる道具ILMA+」店主です。

旅行土産に伯母から頂いた岡山・廣榮堂本店のきびだんご。
絵本作家の五味太郎氏がデザインしたキャラクターは
見る人の心を子供の頃へと無意識のうちに
タイムスリップさせてくれます。

20100220きびだんご02
猿・雉・犬を従わせるほどのお団子とはどんな美味しいものだろうと
アレコレ想像した人は少なくない(はず)。

そんな、現代ではほぼ空想上の食べ物となったはずの「きびだんご」と
絵本の空想世界とをつなぐ重要な役割を担っているのが、
このパッケージではないかと思うんですよね。
秀逸です。

入荷しました「中川政七商店 麻で編んだ鹿の親子」

生活雑貨、陶磁器、キッチン雑貨の店「育てる道具ILMA+」店員2号です。

当店で人気度の高い
鹿モチーフのアイテム。

鹿マスキングテープや
鹿クリップだけじゃありません。
カラフルな鹿の箸置きや
鹿のワンポイントがかわいい麻の東袋、
鹿の刻印入りの筆ペン、懐紙まで・・・
鹿好きにはたまりませんね。

見落としてた!という方、
ぜひチェックしてみてください。

「もっと鹿グッズがほしい」

というお客様からの声にお応えして
今回はこんなに愛らしい鹿が仲間入りです。

中川政七商店 麻で編んだ鹿の親子
中川政七商店 ”麻で編んだ鹿の親子”

東北の工芸品「イタヤ細工」をもとに
手紡ぎ・手織りの麻生地を貼り合わせて
ひとつひとつ丁寧に手で編んで作った
鹿をモチーフにした飾りです。

足を広げると自立するので
写真のように親子を並べて飾ったり
きれいな黄色い台紙付きなので
そのまま額や壁に貼るのもいいですね。
本のしおりとして使ってもOKです。

黄色い台紙と鹿の親子がほんのり見える
透け素材の紙に包まれているので
お友だちへの贈りものにもオススメ。
透け感を楽しんで
ラッピングなしでも充分かわいいです。