北欧白夜紀行 その5 「叫び」

こんにちは、陶磁器、キッチン雑貨の店「育てる道具ILMA+」の店員2号です。
「北欧白夜紀行」の連載5回目です。

オスロ中央駅やカール・ヨハンス通りなどの周辺で
こんな光景を見かけました。
20070723北欧旅行01

移動に便利なレンタサイクル。
レンタルの受付窓口は中央駅と市庁舎前の観光案内所にあり、
1日単位でレンタル料が必要になるそうです。
利用は1回につき3時間まで
長時間利用する場合は1度返却して再び借りる、というシステム。

置き場は100ヶ所以上あるらしく
どこで返却してもオッケーなのだそうです。
私は残念ながら乗る機会がなかったのですが
自転車に乗ってゆったり観光、も楽しそうですね♪
冬期は貸出されていないそうなのでご注意を。

続いての目的地はオスロ国立美術館。
20070723北欧旅行02

道路の反対側が工事をしていて通行できなかったため
よい構図で撮れなかったのですが・・・(と言い訳)
館内は撮影禁止だったため、写真はこの1枚のみ。

こちらの美術館はノルウェーを代表する画家ムンクのほか、
ゴーギャン、ゴッホ、ピカソ、モネ、セザンヌなど
有名な画家の絵を数多く収蔵しています。
「これ、美術の教科書で観た~」というような作品がたくさん飾られていました。
近くで観たり、離れてみたり、
時には部屋の中央に置かれているソファに腰掛けて観たり・・・
手荷物は入口に預けて身軽に楽しみましょう。

有名なムンクの「叫び」もバッチリ鑑賞してきましたよ。
ちなみに「叫び」は4枚制作され、ここに1枚、個人所蔵が1枚
そしてムンク美術館も2点所蔵しているそうですね。
2004年に盗難に遭い、2006年に発見されたのは
ムンク美術館のもの。

ムンク美術館にも行ってみたかったのですが
郊外にあり、時間もなかったので今回は断念。
併設されているカフェ・エドヴァルド・ムンクで
「叫び」がモチーフのチョコレートケーキ食べたかったんだけどなぁ。

そういえば国立美術館内はかなり暑かったです。
1年のほとんどが寒い国なので
冷房がなくても仕方ないのかもしれないのですが・・・
至るところで扇風機が回っていました。
なんともお国柄ですね。
温湿度管理とか大丈夫なのかな?

過去の記事はコチラ⇒ 北欧白夜紀行 目次

北欧白夜紀行 その4 フログネル公園

陶磁器、キッチン雑貨の店「育てる道具ILMA+」の店員2号です。
大型の台風4号も去り、
もうそろそろ梅雨明けでしょうか?
日本の夏も北欧くらい爽やかだと
過ごしやすくてよいのですが・・・

今夜は北欧白夜紀行その4です。

北欧白夜の旅2日目。
オスロは今日も快晴。
気温は確か28℃くらい(暑い!!)でしたが
日本とは違い、カラッとしています。
そして、とにかく日差しが強い!
帽子とカーディガンで紫外線対策をして
バスに乗り込みます。

オスロ中央駅から西に延びるカール・ヨハンス通りを
直進して2kmくらいのところにある建物が
現ノルウェー国王の暮らしている王宮。
近くの道路が車両規制されていたらしくて
ちら見しかできず、写真も撮れなかったので
お見せできず残念。
確か白っぽい建物だったような・・・?
1848年にカール・ヨハン14世が建てたもので
正面にはカール・ヨハンの像があるそうです。
通りの名前にもなっている方ですね。
王宮前では毎日13:30から
衛兵の交替式が見られるそうです。
王宮の裏には緑豊かな公園がありました。
のんびりとお散歩してみたかったですねぇ。

王宮を間近で見られず不本意でしたが
気を取り直して・・・

バスはオスロ市郊外にあるフログネル公園へ。
フログネル公園(ヴィーゲラン公園ともいう)は
ノルウェーの彫刻家グスタフ・ヴィーゲランが
オスロ市の依頼を受けてデザインした公園らしい。
自然豊かな園内には212点もの彫刻が並び、
人間の一生がテーマにされている?ような印象を受けましたが
実のところ、真相は不明。
ヴィーゲランが作品の解説を拒否しているのだそうです。

公園のシンボル「モノリッテン」は
高さ17mの塔に121人もの老若男女が刻まれた力作。
20070716北欧旅行01
実際、こんなに人が絡み合っていたら怖いですよね。
くわばらくわばら。

橋の中ほどには有名な「おこりんぼう」の像が。
20070716北欧旅行02
何がそんなに気に入らなかったのでしょうか?
相当お怒りのご様子。

20070716北欧旅行03
こちらは裏門横にある「人生の輪」という作品。
6人の男女が全身で輪を作っています。

菩提樹の並木道。
20070716北欧旅行04
木陰に入ると涼しくて快適♪
風がとっても気持ちよかったです。

たくさんの彫刻もなかなか見ごたえがありましたが
門のデザインもなかなかかっこよかったですよ。
20070716北欧旅行05

20070716北欧旅行06

隣接するヴィーゲラン美術館前?で
彫刻の作者であるヴィーゲランの像も見つけました。
20070716北欧旅行07

過去の記事はコチラ⇒ 北欧白夜紀行 目次

北欧白夜紀行 その3 夜のないくに

こんにちは、陶磁器、キッチン雑貨の店「育てる道具ILMA+」の店員2号です。
「北欧白夜紀行」の連載3回目です。

ヘルシンキから1時間半ほど飛行機に乗り、
ノルウェーのオスロ空港へ到着。

オスロ空港は壁や天井の至るところに
木のぬくもりの感じられるおしゃれな空港。
ガラスと金属を多用したデザインながらも
壁や天井など内装には木質系の素材をあしらっていて
いわゆる「北欧的」な感じがします。
20070710北欧旅行01

こんな素敵な空港でまずはゆっくり記念撮影♪
と、いきたかったのですが
時間に迫られていた為、慌ててパチリ。

20070710北欧旅行02

20070710北欧旅行03
なかなか雰囲気の良さが伝わりにくいかと思いますが・・・

バスに乗り、オスロ市内のホテルへ。
1日目は中央駅前に位置する
好立地が魅力的なリカ・オスロ(www.rica.no)へ宿泊です。
あるガイドブックによると”高級ビジネスホテル”だとか。(え、ビジネス?)
前にはトラムの路線もあります。
20070710北欧旅行05

辺りはまだ明るいので荷物を置いて
飲物を調達がてら散歩に出ることに。

20070710北欧旅行06
オスロ中央駅。
2階建ての構内には銀行や郵便局、
コンビニやレストランなど多くの施設が並んでいるそう。
マクドナルドもありました。(写真左下ですね)

6月は白夜のため、まだまだ明るいのですが
時計を見るともう20:25。
王宮まで続くカール・ヨハンス通りなど
もう少し歩いてみたかったのですが
日本出発からすでに16時間半。
機内でも眠らなかったため
後ろ髪をひかれつつも翌日に備えて休むことにしました。

しました。が・・・

夜が来ない・・・

「夜が来ない」という表現はちょっと間違ってるかもしれないけど
その言い方が一番しっくりくるというか、まあそんな感じなんです。
何時になっても空が暗くなることはなく、
ホテル前の通りは北欧の短い夏を謳歌する人たちでとっても賑やか。

結局、辺りが静かになったのは翌朝3~4:00頃
空は1度も暗くなることなく明るくなり、
私はほとんど眠ることなく
朝を迎えることになったのでした。

過去の記事はコチラ⇒ 北欧白夜紀行 目次

北欧白夜紀行 その2 ヘルシンキ乗換

早くもこの不定期連載に頭を抱えている
陶磁器・キッチン雑貨の店「育てる道具ILMA+」の店員2号です。
「北欧白夜紀行」の連載2回目です。

9時間半ほどの楽しい空の旅が終わり、
無事フィンランドのヘルシンキ・ヴァンター空港に到着。
ウキウキしながら機体から降りると
熱気がモワァ~~~~ン

・・・あ、暑い!暑すぎる!!!

北欧と言えば寒い(夏は涼しい)イメージ。
フィンランドも6月は季節的に夏ですが
日本の夏ほど暑くはないだろうと思っていたのです。
出発前から天気予報と毎日にらめっこして
風邪をひかないように防寒具もばっちり準備。
気温も確か18℃くらいの予定だったのです。

しかし、この日の気温は何と28℃。
ホワイ?なぜ?
わざわざ南国バカンスに来たつもりはないんですけど・・・

今回の旅の最初の目的地はノルウェー。
お店を見たり、カフェで休憩したり、と
3時間ほどヘルシンキ・ヴァンター空港で過ごした後、
再びフィンエアーにてオスロへ。

オスロまでは1時間半ほどの短い空の旅なのに
機内食が出てきてびっくり。
サンドウィッチにチョコという軽食でしたけど。

↓鮮やかな青の紙トレイがいいですね
20070702北欧旅行01

パンはライ麦がたっぷり入っていて少しすっぱめのお味。
きれいな青い包みのチョコレートは
フィンランドで有名な菓子メーカー”Fazer”社のもの。

外国製のチョコレートって
私には少し甘すぎて苦手なイメージだったんです。
でも食べてみたらおいしくて・・・
帰国前、自分へのお土産にちゃっかり買っちゃいました♪
定番の青い箱のものの他にピンク色の箱のも購入。

その名も”Geisha”
20070702北欧旅行02

何やらエキゾチックな言葉の響きがよいのか
日本語の名前をつけるのが
流行っていた時代があったそうで
iittalaでもジャパンという製品があった、とか???

この”Geisha”シリーズは
1908年に初めはキャンディが発売されたらしく
かれこれ100年くらいの歴史があるようです。
きっと日本のイメージだったんでしょうね。フジヤマゲイシャスシテンプラ
(店主いわく日本海海戦(1905)のロシア敗北に関係あるのでは?とのこと。
フィンランドはロシアの支配を受けてました。)

チョコレートの中には刻んだヘーゼルナッツが
たくさん入っていてとってもおいしいんです。
個人的にはこちらがオススメ。
他にもミント入りのものなどありました。

機内食で小腹が満たされたら
いよいよノルウェーのオスロ空港へ到着です。

と、今回はここまで。
次回更新をいましばらくお待ちくださいませ。

過去の記事はコチラ⇒ 北欧白夜紀行 目次

北欧白夜紀行 その1 フィンエア

時差ボケにはなるまいぞ、と思いながら
すっかり時差ボケしてしまったキッチン雑貨「育てる道具ILMA+」の店員2号です。

もう既に店主が勝手に告知してましたが
ついに!!ついにぃぃぃぃぃ行ってきましたよ。北欧 に
やっぱりいいですねえ。どこを見てもデザインを感じます。(いや、何となくだけど)

この日搭乗した飛行機は6月から成田・名古屋発着路線に投入されたばかりという
新機材エアバスA340-300E型機!!!(詳しくはコチラ→■)

↓セントレアに佇むおニューの機体
20070622北欧旅行01

地方発着便なので座席が狭いんじゃないかと心配していましたが
比較的広くてゆったり快適♪
各座席にはエコノミーなのに大型のモニターが設置されていて
テレビ、映画、音楽、ゲームなどを自由に楽しむことができるのです。

車では睡魔との戦闘に敗れっぱなしのはずなのに
飛行機であまり寝付けない私。
9時間半もどうやって過ごそう><; なんて思ってましたが
映画を観たり、音楽を聴いたり、時にはゲームをしたりで
すっかり空の旅を満喫しちゃいました。

↓フィンランドの航空会社らしく水色のカップと紙ナプキン
20070622北欧旅行03

20070622北欧旅行02
ちょうどこの時は観たい観たいと思いながらなかなか観られなかった
「かもめ食堂」がリストに入っていたので即スタート。
(某パン会社のCMでも流れてますね)

カフェ・アアルトにマリメッコ、マーケット広場
訪問しようと予定していた場所がいろいろ登場したので
フィンランドに着く前にいいおさらいができたかなと思います。
もたいまさこさん、いいですねー。

20070622北欧旅行04

店主より北欧レポートという重大任務!?を拝命してしまった為
少しずつ、少ーしずつレポートしていこうかなと思ってます。
不定期更新になるかと思うので
どうかゆっくりとお付き合い下さいませ。

過去の記事はコチラ⇒ 北欧白夜紀行 目次