JAZZ LIVE

こんにちは
陶磁器、キッチン雑貨の店「育てる道具ILMA+」ブログ担当の店員2号です。

先週の土曜の話ですが
久しぶりに高校時代からの友人たちと飲みに行きました。
おいしいお料理とおいしいお酒をいただいて
心もお腹も大満足♪

お店を出て歩いていると、とあるバーの前に
”JAZZ LIVE ¥500”という看板が。
初めて行くお店でしたがお酒が入って気が大きくなったのか
「ちょっと寄ってみる?」なんてふらっと立ち寄ることに。

すでに第1部の演奏は終了していて
2部が始まるまでの休憩タイム。
店内は落ち着いた雰囲気で
ビートルズなどの写真や絵が
あちこちに飾られていました。

地元でなかなかジャズの生演奏を聴く機会がなく
始まる前からワクワクドキドキ。
お酒を飲みながら待っていると
また何組かのお客さんが現れ、
いよいよ第2部のはじまりはじまり~。

この日のライブは40~50代の
素敵なおじさま4人組バンド。
soon、イスラエル、キャラバンなど5曲を
サックス、ピアノ、ドラム、ウッドベースで
楽しそうに演奏されていました。

第2部の終了後、
ピアノを演奏されていた方が話しかけてくださり、
いろいろなお話を伺えてうれしかったです。
ピアノを始めたのはなんと30歳を過ぎてから、とのこと。
いくつになっても好きなことに打ち込む、
なんだかとっても素敵だなぁと思いました。
月に1度こちらのお店でライブをされているそうで
来月はお盆明けに演奏されるそうです。
また聴きに行きたいなぁ♪

コーヒーカジタ

陶磁器、キッチン雑貨の店「育てる道具ILMA+」の店員2号です。

先日ベランダで洗濯物を干していたら
近くの公園からセミの鳴き声が聞こえてきました。
駐車場にはセミの抜け殻がひとつふたつ。
もう夏なんだなあ、としみじみしちゃいました。
アイスコーヒーのおいしい季節ですねぇ。

日曜日、久しぶりにわたしのお気に入りの喫茶店のひとつ
「コーヒーカジタ」(http://www.coffeekajita.com/)へ行ってきました。

ご夫婦で経営されているこのお店は
ご主人が焙煎人、奥様はパティシエという
2人のプロフェッショナルから作られています。
コーヒーはもちろんのこと
ケーキも何を食べてもとってもおいしい。
いつもお店に着くとまずショーケースを見て
「今日は何にしようかな」と悩んでしまいます。

座席はカウンターのみ8席。
席に座り、メニューとにらめっこ。
個人的にはマンデリンが好きなので
コーヒーはいつもマンデリンを頼むのですが
今回は趣向を変えてニカラグアをオーダー。
ケーキはいろいろ迷った末、タルトシトロンに決定。

20070712コーヒーカジタ
どんなカップ&ソーサーで出てくるかも
ひそかな楽しみのひとつ。
今回はフラミンゴの絵の描かれた薄いピンク色のものでした。

ニカラグアは今回初めて飲んだのですが
甘みとコクのあるお味。好みです!
他の豆もいろいろ試してみたくなりました。

タルトシトロンはレモンクリームの酸味がさわやかな
夏らしい一品。
タルトのサクサクと表面のカラメルのパリパリと
中のレモンクリームのとろーりがいい食感で・・・
いつももう少し食べたい!ってところで
食べ終わってしまうんですよね。
でも、そう思わせるサイズが
ジャストサイズなのかもしれないですね。

今まで夕方に訪ねることが多かったので
品切れしていて出会えないケーキも多かったのですが
今回は昼下がりに行って大正解☆
ケーキを食べるなら早めに行くことをお勧めします。

フモフモさん

20070625フモフモさん
とあるペットボトルの販促品のキーホルダーです。

数日前、近所のスーパーで出会い、
ものすごーく心惹かれたのですが
普段マイ水筒を持ち歩いている為
グッとこらえて買わなかったのです。
でも、その後も私の脳裏に焼きついて
ちっとも離れてくれなくて・・・

勝手に車が向かっていました、スーパーに。
勝手に足が向かっていました、ドリンク売場に。
勝手に手が伸びていました、ペットボトルに。

数分後、店を去る私の手にはペットボトルが入った袋・・・
違うんです、違うんです、これは無駄遣いじゃないんです
ただ喉が渇いていただけなんです。

あれ?何やらどこかで聞いたような言い訳ですね。
どこぞのお店の店主も
同じようなことを言っていたような・・・?

だってこの質感、このゆるさ、
かわいいじゃないですか。
並んでいたのはstanding、hanging、sleeping、sittingの4タイプ。
私は迷わず第一印象で決めていたstandingを購入。

そして命名「フモフモさん」

ちなみに今日母に
「このフモフモさん、ナマケモノなのにダンベル持ってるんだよ」と言ったところ
ひと言「じゃ、怠けてないじゃん」と言われてしまいました。

確かにね・・・

イケア港北

北欧好きにはお馴染みの本「北欧スタイル」
定期的に発行され最新刊は半年前の12号。
その号はちょうどイケアの特集で、家でペラペラっと見ていたら
ついつい行きたくなってしまい・・・

そして当日。
新横浜から出ているシャトルバスへ乗り込むと
車中ではビデオ映像とともにお買いもの方法のお勉強タイム。
到着前からもうテンション急上昇ですよ。

創業の地スウェーデンの国旗を思わせる
青や黄色で彩られたカラフルな旗が目に留ったら
待ちに待ったイケア港北に到着です。

20070606イケア港北01

逸る気持ちを抑えつつ、朝食ヌキなのでまずは腹ごしらえ。
イケアにはレストランが併設されていて、買い物ついでにお手軽な「スウェーデンの味」が楽しめます。
しかし、私のスウェーデン料理についての知識は「ミートボール」「スモーガスボード」のたった2語。

そんな私の祝・初スウェーデン料理はこれ
20070606イケア港北02

スウェーデン風ミートボールとクリスプブレッド(つまりカリカリパン)

ミートボールに添えられているのはクリームソースとベリーのソース。
あちらではコケモモなどベリー系のソースをミートボールに付けて食べるそう。
そしてクリスプブレッド。大きなクラッカーみたいな感じ?
昔々、スウェーデンのバイキングはパンを乾燥させて保存食にし、長い冬をしのいだとのこと。

ミートボール10個入はスウェーデンの国旗が立っているそうで・・・
要らないくせになぜか損した気分になったのは私だけですか、そうですか。

20070606イケア港北03

サーモンプディングとクリスプブレッド

北欧といえばやっぱりサーモン。
こちらもおいしくておすすめ。

ドリンクは200円でおかわり自由なのがうれしい。
きれいな黄緑色をしたプリンセスタルトをはじめ
いろいろなデザートもあるので、ショッピングに疲れたら休憩するのもまた楽し。

お腹がいっぱいになったところで
いよいよショッピング。

まずは2階のショールームへ。
IKEAの鉛筆とショッピングリストを持って店内をぐるり。
広いフロアはリビング、キッチン、ベッドルームなど
いろいろなコーナーに分かれていて
順路どおりに進むと全てのコーナーを見られるようになってます。

どれも安くてかわいいものばかりで
あっという間にショッピングリストはいっぱいに・・・

1階はマーケットホール&セルフサービスエリア、
2階のショールームでチェックした商品を1階で各自購入する仕組み。
小物から大物?まで全てセルフサービスでピックアップします。
この日はフロアライトと日用品を何点か購入。

以前、船橋のイケアへ行った時は
閉店間際だったため慌ただしく回ったのですが
今回は広いフロアを行ったり来たり。
ゆっくり見られて大満足。

改めて感じたのは、大人だけでなく子どもも退屈しないお店ってこと。
”スモーランド”と呼ばれるプレイエリアがあったり
フロアのあちこちに子どもが楽しめる遊具があったりします。
家族連れ(特に若夫婦)を取り込むための戦略なんでしょうね。
ちなみにスモーランドとは創業者の出身地方の名前で
イケアにとって特別な意味を持っているのだとか。

市内とまでは言いませんが、せめて県内に出店してくれると
もう少し行きやすくなるのにねえ。