コンビニのおまけ路面電車


20070612路面電車コレクション01

フラッシュ焚いたらコラっぽくなった・・・

数週間前に近所のコンビニで見つけたオマケ
ペットボトルの販促用です。
飲料の冷蔵ケースで箱がチラッと目に入り、
買うつもりはなかったけどなぜか手に取ってしまったのです。

もしや、と思って箱をチェックしたらラインナップの中に
地元の電車も入ってるじゃないですか。
全9種類で函館、仙台、都電、京阪、広島、土佐、長崎、鹿児島、
そして豊橋(おーーーーーーーーっ)

しかし、売場で目に付くのは全てよその街の電車ばかり。
地元だから既に売れちゃったんだなと諦めかけたとき
前から3列目に豊橋の文字を発見。

数分後、店を去る私の手にはペットボトルが入った袋・・・
違うんです、違うんです、これは無駄遣いじゃないんです
ただ、お茶が飲みたかっただけなんです。

路面電車といえばこの曲

汚点(しみ)だらけの 靄(もや)ごしに
起きぬけの露面電車が
海を渡るのが見えたんです

はっぴいえんど「風をあつめて」 作詞:松本隆 作曲:細野晴臣 より

細い路地(路次)が何本も交差する下町の電車道
朝もやのなかをコットンコットン進んで行く路面電車
それを舟に見立てて海を渡ると表現したのか。

かつて遊郭があった東田あたりの下町は21世紀になった今でも
昭和の空気感が色濃く残っていて
曲ができた当時のことは知らないはずなのに
こんな景色だったんじゃないかと思いながらブラブラ歩くのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*