スローな街と暮らしの手帖


陶磁器、キッチン雑貨の店「育てる道具」店主です。
店主ノート久々の更新になってしまいました。

天然生活、クウネル、リンカラン、etc.
ここ数年増えてきたどちらかというとナチュラル寄りな生活雑誌。
方向性は各誌多様ですが国内におけるルーツは
この雑誌にあるのではないでしょうか。

決してナチュラル志向を全面に押し出してるわけでもなく
IHクッキングヒーターなど最新機器の比較検証もちゃんとやっています。
創刊以来、生活者の為の雑誌であり続けてきたストイックな面が
図らずも遺伝子となって天然系雑誌という新ジャンルに
受け継がれているのかもしれません。

そんな「暮らしの手帖」の今月号(8~9月号)ですが
な、なんと私の地元が紹介されています。
「徒歩旅行 第一回 愛知県 豊橋」
ということで連載の1回目になぜか地元が選ばれたようです。

お散歩にちょうどいい広さ(笑)の葦毛湿原や
今ではあまり見かけなくなった藤の乳母車、
市電、ピレーネ、スマートボール、きく宗の菜めしに三愛のホットケーキ
そこにあるのは地方のゆるーい日常。

普段見慣れたものばかりですが雑誌の誌面に載ると
途端にスロー・ナチュラル生活の「聖地」みたいな感じで
何だかいい場所のように感じてしまうから不思議なものです。

この記事を執筆したのは若菜晃子さんという方で
「山と渓谷社」を独立して最近新しい雑誌(小冊子)を創刊したそう。
写真も「徒歩旅行」と同じ方が担当
20070811murren01
身近な野草など気になる内容ではありますが
地方の本屋には置いていないので、購入前の吟味が難しいんですよね・・・

<追記>
ご近所に販売店がない方のためにmurrenさんのホームページからも購入可能です。
murrenホームページ

<再追記>
弊店「育てる道具ILMA+」でも取扱いを開始しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*