ゲリラ豪雨


陶磁器、キッチン雑貨の店「育てる道具ILMA+」店主です。

昨日の昼すぎ、地元は酷い大雨で被害が出ていたようです。
「ようです」というのは、新規取引予定の業者さんの展示会を見るため
京都へ出張してまして、両親からの電話で豪雨のことを知ったのは
鴨川の近くをぶらぶら歩いているまっ最中。

・滝のように降り注ぐ雨のせいで少し先が見えない
・雷で父が勤める会社が停電した
・川の近くの土地が低い場所は浸水していた
・大渋滞のせいで家に辿り着くのに苦労した

雨の後に陽が差して、蒸し暑くなり始めた京都の天気からは
想像できない言葉がどんどん飛び込んで来ます。
こちら(京都)の天気を心配して電話をくれたようですが、
被害状況を聞くと逆に向こうのことが不安に・・・

その後、すぐに雨は治まったようで、新幹線で帰る頃には
ほぼ影響はなくなっていました。
迎えの車で駅から戻る途中、浸水被害に遭った地域を通りましたが
雑貨屋さんやドラッグストア、コンビニなどでは水に浸かった商品の
片付けや店内の清掃に追われているようでした。
自宅の近所(同じ町内)でも川に近く低い場所は腰のあたりまで
浸水してしまったようです。

○東日新聞「豊橋市にきばむく局所豪雨」
○東愛知新聞「豊橋でゲリラ豪雨」

20080829ゲリラ豪雨01
銀行へ行ったついでに・・・
今日はいつも通りの流れに戻っていました。
20080829ゲリラ豪雨02
中央の木の部分を拡大
水の勢いで堤防の高さまで草が絡み付いています。

神戸の河川事故でゲリラ豪雨のことが話題に上りましたが
まさかこんなにも早く地元が被害に遭うとは思いもしませんでした。
深夜は豊橋から3、40kmくらい離れた岡崎市では更に酷い爪あとを
残していったようで、異常気象によって常に災害の危険に
さらされているんだなと実感させられました。

最後になりますが、亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに
被害に遭われた方の一日も早い復興をお祈りいたします。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*