シフォンケーキを作ってみた


「育てる道具ILMA+」店主です。
突然始まりました「作ってみた」シリーズ第一回。
以前焼いたシフォンケーキが70%の出来(底が生焼け)だったので、
本日(実際は土曜日)はリベンジにトライ。

20080115シフォンケーキ01
タンバリンでラテン系のリズムを刻むがごとく薄力粉を「ふるい」にかける
※注:鼻歌交じりでいたって陽気に、自分を客観視したら負け

20080115シフォンケーキ02
卵黄に砂糖を入れ白っぽくなるまでひたすら混ぜる
終わったら薄力粉も混ぜておく

20080115シフォンケーキ03
卵白と砂糖でメレンゲを作っておき、2/3量を②と混ぜ泡立てる

20080115シフォンケーキ04
残りのメレンゲを入れ、泡を潰さないようにスパチュラ等でサックリとまぜる
バニラエッセンスも忘れずに

20080115シフォンケーキ05
シフォンケーキ型に生地を流し込む

20080115シフォンケーキ06
予熱をかけておいたオーブンで焦らず急がずじっくりと焼く
型を載せる天板にも予熱をかけておかないと底が生焼けになって、そこはかとなく最悪です

20080115シフォンケーキ07
チーン!
焼いたあと生地が沈むのを防ぐため、逆さまにして放置プレイ
キッチンペーパーホルダーに三角に丸めた使用済カレンダーを取り付けて即席の台座完成♪
エコロジー第一

20080115シフォンケーキ08
冷めるまで数時間待った後、型を取り外して完成 

20080115シフォンケーキ10
生地の切断面はこんな感じ
思ったより目が細かいながらもいたってやわらか

<反省点>
レシピには卵のサイズが書いてなかったので家にあったL卵を適当に使用。(男の料理)
その結果、シフォンケーキ型1個では収まらずに別のパウンド型も使う羽目に・・・
やはりMサイズ基準で作るべきだった。

実際、卵はこれだけサイズが違うそうです。
農水省消費者相談Q&A「Q、卵のM、Lなどの表示は、何を意味しているのか。」

ただ、ケーキの仕上がりは普通のシフォンよりかなりソフトな感触だったので
これはこれでいいのかもね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*