入荷商品 中川政七商店の和柄ブックカバー 紅椿・白ばら


生活雑貨・文具・インテリアの店「育てる道具ILMA+」の店員2号です。

毎日寒い日が続きますね。
寒がりで冷え症の私にとって
外出するのがついつい億劫になってしまうこの季節。
お家であたたかいコーヒーでも飲みながら
ゆっくり読書でもしたいところ。

糸を紡ぐのに24日、
一疋(約24m)織るのに10日以上かかる
手紡ぎ手織りの麻生地を表地に使用した、
中川政七商店(遊中川)の和柄ブックカバーが届きました。
中川政七商店 遊中川 和柄ブックカバー 紅椿
■中川政七商店 遊中川 和柄ブックカバー 紅椿

古くは奈良時代に万葉集に詠われ、
室町時代には茶花として用いられた椿の花。
「気取らない美しさ」という花言葉をもとに、
美しくも親しみやすい上品なデザインを
手紡ぎ手織り麻に手捺染で丁寧に染め上げました。
大胆に描かれた鮮やかな椿の花が
よいアクセントになっていますね。

こちらは水色の生地に
さわやかに描かれた白いばら。
中川政七商店 遊中川 和柄ブックカバー 白ばら
■中川政七商店 遊中川 和柄ブックカバー 白ばら

古くから日本に自生し、
奈良時代に万葉集に詠われた「ばら」。
大輪のきらびやかなばらではなく、
奥ゆかしく、楚々とした野に咲くばらを
イメージして描かれています。

「椿」も「ばら」も
可憐で、凛とした美しい花。
お気に入りの本に
こんなブックカバーをかければ
いつでもどこでも
読書タイムが愉しく過ごせそうですね。

鹿の形をしたセルロイドの栞やブックカバーなど、いろいろあります。
>>ブックカバー・書籍カテゴリはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*