北欧白夜紀行 その14「リッダーホルム教会、王宮」


陶磁器、キッチン雑貨の店「育てる道具ILMA+」の店員2号です。
前回に引き続き、ストックホルムから・・・
(目次はこちら

市庁舎を見学した後は
旧市街ガムラ・スタンをしばし散策。
ストックホルム発祥の地で
石畳や狭い路地、歴史ある建物がたくさんあり、
なんとも落ち着いた雰囲気。
魔女の宅急便のモデルになった街という噂も・・・???
美術ギャラリーや商店街、レストランなどが軒を連ね、
世界各地からの観光客で賑わってます。

まずはリッダーホルム教会(写真右側)。
20080318北欧01
多くのスウェーデン王族が眠るこの教会は
13世紀半ばごろに造られたフランシスコ会修道院を
1280~1310年の30年間をかけて
教会に改築されたのだそう。
高い透かし彫りのような尖塔は
至るところから眺めることができるので
ぜひ街歩きの目印に。

こちらは王宮。
20080318北欧02
世界最大の宮殿でなんと608室もあるそう。
今回は時間が限られていたため
建物内には入ることができなかったけれど
チケットを購入すれば見学できるみたいです。
現在の王室は郊外にあるドロットニングホルム宮殿にあり、
国王は執務を行う時にこの王宮へ通っているようです。

王宮の見どころはやはり衛兵交替。
ガイドブックによると交替式の時間は
月によって異なるらしく、
私の行った6~8月だと
月~土曜日は12時15分から、
日・祝日は13時15分から行われるのだそう。
私が訪れたのは夕方くらいで
残念ながら1日の務めを終え、
建物内へ戻っていくところでした。
20080318北欧03
もう少し遅かったら
衛兵さん達の姿すら拝めないところだったので
(たとえ後ろ姿でも)見ることができて
ラッキーだと思わなくては・・・
ちなみに9~5月は水・土・日曜日のみ。
今の時期は週3回しか見られないのですね。
そうですよね。寒いですもんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*