北欧白夜紀行 その7 「ハダンゲルフィヨルド」


陶磁器、キッチン雑貨の店「育てる道具ILMA+」ブログ担当の店員2号です。
約1ヶ月ぶりの更新です。
べ、別にサ・・・サボっていた訳じゃないんですよ
と、(自分に)言い訳しつつ・・・

幻想的なスターブ式教会を後にし、
いよいよフィヨルド観光へ。

20070906北欧01

車窓から雪を楽しんでいると
バスに同乗していたオジサマ方から
「リカーストップ」なるものを求める声が・・・

お酒の大好きなおじさま方。
なんでも「この山に積もる雪を
ウイスキーに浮かべて飲んでみたい!」とのこと。

こんな珍?要望に応え、
バスは遂にリカーストップ!(笑)
私も便乗してバスを降りてみることにしました。

20070906北欧02

雪が積もっているから寒いのかな?と思っていたのですが
不思議と寒くないのです。なぜ?
半袖でも充分過ごせるくらいでとっても快適でした。

バスへ戻るとおじさま方から
なんとノルウェーの雪入りウイスキーのサービスが!
これも旅の醍醐味でしょうか?
兄弟の杯(!?)をひとくち・・・
頭くらくら~(@▽@)
やっぱりウイスキーは苦手なのでした。

20070906北欧03

途中、落差150mのヴォーリングの滝へ立ち寄りながら
いよいよハダンゲルフィヨルドへ。
全長179km!
ノルウェー第2の長さを誇るフィヨルドです。

ブリムネス~ブルラビーク間は道がないため
バスごとフェリーへ乗り込みます。

20070906北欧04

ブリムネス~ブルラビーク間はフェリーで10分ほど。
デッキで心地よい風を浴びながら
なだらかな山の連なる雄大なハダンゲルフィヨルドを眺めました。

20070906北欧05

フェリーはあっという間に岸に到着。
本日の旅はここで終了。
ハダンゲルフィヨルド地区にある
ホテルへと向かいました。

過去の記事はコチラ⇒ 北欧白夜紀行 目次


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*