murren vol.3 雨の日が好きになる?かも


生活雑貨、陶磁器、キッチン雑貨の店「育てる道具ILMA+」店員2号です。

ついに梅雨入りが発表されました。
レインコートやレインブーツも
今年はかわいいデザインが増えて
売れ行きが好調らしいです。
お気に入りのものを身につけると
それだけでウキウキしますよね。
私もお気に入りの赤い傘をさすと
心が少し晴れやかに感じます。

雨の日にぴったりな1冊をご紹介。

20090612murren3裏表紙
murren(ミューレン)バックナンバー vol.3
※写真は表紙と裏表紙です

季刊誌「wandel(ワンデル)」(山と渓谷社)を
手掛けた若菜晃子さん編集。
山や自然の世界を感じていたい、
行ってみたいという人たちに向けた
情報の発信をしています。

第3号のテーマは『雨』。
当たり前のように
日常生活のなかに入り込んでいる、「雨」。
人は雨をさまざまな方角からとらえています。
天から降ってくる自然そのものの姿を
街と山の両面からmurren流に表現されています。

【contents】
雨に濡れる・・・雨に濡れて歩いてみました
手ぶら雨具・・・傘を持たずに歩ける雨具をご紹介
雨ってなあに・・・雨はどこからきてどこへいくのか/雨のなまえ/雨と植物の関係
など
雨の日のおしゃべり・・・雨にまつわる思い出話2題
傘を買いに行く・・・浅草の老舗に傘を買いに行きます
絵本『かさ』太田大八インタビュー・・・モノクロで雨の一日を描いた絵本作家に聞く

雨の楽器・・・雨の音を出す楽器のご紹介
煮梅の日・・・梅雨は梅のなりどきの雨の意。誰でもできる梅クッキング
雨降山山行記・・・その名も雨降山ってどんな山?
天水の話・・・山小屋では雨は生活に直結。今も天水を集める北穂高小屋の日常 ほか

”浅草の老舗に16本骨の傘を買いに行く”
という内容がありますが
私の使っているのも16本骨の傘。
かっこよくて、丈夫なんです。

みなさんも雨音を聴きながら
murren(ミューレン)を読んで
雨について考えてみませんか?
雨の日が好きになるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*