イケア港北


北欧好きにはお馴染みの本「北欧スタイル」
定期的に発行され最新刊は半年前の12号。
その号はちょうどイケアの特集で、家でペラペラっと見ていたら
ついつい行きたくなってしまい・・・

そして当日。
新横浜から出ているシャトルバスへ乗り込むと
車中ではビデオ映像とともにお買いもの方法のお勉強タイム。
到着前からもうテンション急上昇ですよ。

創業の地スウェーデンの国旗を思わせる
青や黄色で彩られたカラフルな旗が目に留ったら
待ちに待ったイケア港北に到着です。

20070606イケア港北01

逸る気持ちを抑えつつ、朝食ヌキなのでまずは腹ごしらえ。
イケアにはレストランが併設されていて、買い物ついでにお手軽な「スウェーデンの味」が楽しめます。
しかし、私のスウェーデン料理についての知識は「ミートボール」「スモーガスボード」のたった2語。

そんな私の祝・初スウェーデン料理はこれ
20070606イケア港北02

スウェーデン風ミートボールとクリスプブレッド(つまりカリカリパン)

ミートボールに添えられているのはクリームソースとベリーのソース。
あちらではコケモモなどベリー系のソースをミートボールに付けて食べるそう。
そしてクリスプブレッド。大きなクラッカーみたいな感じ?
昔々、スウェーデンのバイキングはパンを乾燥させて保存食にし、長い冬をしのいだとのこと。

ミートボール10個入はスウェーデンの国旗が立っているそうで・・・
要らないくせになぜか損した気分になったのは私だけですか、そうですか。

20070606イケア港北03

サーモンプディングとクリスプブレッド

北欧といえばやっぱりサーモン。
こちらもおいしくておすすめ。

ドリンクは200円でおかわり自由なのがうれしい。
きれいな黄緑色をしたプリンセスタルトをはじめ
いろいろなデザートもあるので、ショッピングに疲れたら休憩するのもまた楽し。

お腹がいっぱいになったところで
いよいよショッピング。

まずは2階のショールームへ。
IKEAの鉛筆とショッピングリストを持って店内をぐるり。
広いフロアはリビング、キッチン、ベッドルームなど
いろいろなコーナーに分かれていて
順路どおりに進むと全てのコーナーを見られるようになってます。

どれも安くてかわいいものばかりで
あっという間にショッピングリストはいっぱいに・・・

1階はマーケットホール&セルフサービスエリア、
2階のショールームでチェックした商品を1階で各自購入する仕組み。
小物から大物?まで全てセルフサービスでピックアップします。
この日はフロアライトと日用品を何点か購入。

以前、船橋のイケアへ行った時は
閉店間際だったため慌ただしく回ったのですが
今回は広いフロアを行ったり来たり。
ゆっくり見られて大満足。

改めて感じたのは、大人だけでなく子どもも退屈しないお店ってこと。
”スモーランド”と呼ばれるプレイエリアがあったり
フロアのあちこちに子どもが楽しめる遊具があったりします。
家族連れ(特に若夫婦)を取り込むための戦略なんでしょうね。
ちなみにスモーランドとは創業者の出身地方の名前で
イケアにとって特別な意味を持っているのだとか。

市内とまでは言いませんが、せめて県内に出店してくれると
もう少し行きやすくなるのにねえ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*